FANDOM


Charr 01 concept art (white).jpg

チャールの種族は、無慈悲な戦争の坩堝で鍛えられました。彼らが知っていることはすべてです。戦争はそれを定義し、支配権を探求することでそれ以降はそれを推進します。弱者と愚か者はチャールの間では場所がありません。勝利はすべて重要なことであり、どのような手段でも、どんな代償を払ってでも達成しなくてはなりません。

— ゲーム内の説明

Charr (チャール)ティリアの東部の大部分で占めるている大きくて野蛮なネコの生き物です。彼らはすべての神を偽りとして捨て、代わりに魔法から戦闘までのすべての人生を硬く、冷笑的な目で見ます。彼らの文化は軍事的な状態に発展して、兵士として育ちました。

チャールはギルドウォーズ2の5つのプレイ可能な種族のうちの1つです

キャラクター作成編集

チャールのキャラクターを選択するとプレイヤーはアスカロンの亡霊と戦うチュートリアル Fury of the Dead が始まります

キャラクター作成時にプレイヤーはチャールの物理的な外観をカスタマイズして自分のパーソナルストーリーに影響を与える3つの種族特有のバイオグラフィーの質問に答えることができます:

  • どのレギオンの一部であったか?
  • 最も近くにいたウォーバンドは誰だったか?
  • 父親はどのような種類の特徴を持っていたか?

チャールのホームインスタンスBlack CitadelHero's Canton にあります

チャールの種族スキルは戦争のテーマが反映されています

生理学編集

CharrF render.jpg

チャール女性

チャールはネコ科動物のようなヒューマノイドです。彼らは後ろ足で立つと平均的なヒューマンの高さの半分よりも背が高いですがノルンのような大きさではありません。彼らは立っているときは背中を丸めた姿勢を好みますが、真っ直ぐな状態で立つこともあります。移動する時は4本の手足をすべて使います。男性が一般に強いと評されている一方、女性はしなやかで迅速と記述されています。男女間のこの伝承の違いについてはゲームで明らかにされていません。

彼らの多くはライオンチータートラと同様に様々な色や模様があって頭からつま先までの短い毛皮に覆われています。さらにヒョウユキヒョウのような模様もあります。多くのチャールは肩の間や頭と首の裏に長いたてがみを持っています。男性のチャールは先端に長い毛と尾に小さい毛を持っています。女性のチャールの尾は上から下に長い毛を持っています。

チャールの鼻口部は細長くなっています。口は肉食性の食事に適した鋭い歯を持っています。男性は下顎の歯が大きくなっていて女性は通常より小さい歯です。頭には4本の角があります。頭頂部にある角は耳の間にある角より突出しています。耳は犬のように高周波を聞くことができるようです。底部にある耳は象のように低周波を聞くことができるようです。しかし、ヒューマンの声のような中域を聞くのは困難でヒューマンとの関係を悪化させた原因の1つのように思われます。[1] 猫のように6つの乳腺が毛皮の下に隠されています。[2]

チャールは一般的にタスク用のナイフとして使用することができる鋭い爪のセットを持っていますが戦う時は武器を好む傾向があります。

チャールの子は目と四肢が完全に機能する状態で毛皮に覆われて生まれます。さらにチャールの子は生まれて数日経たないうちに過酷な土地で母親についていくことができます。彼らは出生の1ヵ月以内に肉を食べて数ヵ月後には完全に独立します。チャールはヒューマンと同じ速さで成熟します。[3]

文化編集

Charr 16 concept art.jpg

10代のチャールのコンセプトアート

チャールは軍事文化です。社会やテクノロジーとの関係は戦争を支援することに重点を置いています。社会は部隊のまわりで構築されます。チャールは子供の頃からそれらの一部になります。農業や貿易などの非軍事的なタスクは若者に任せています。チャールの使命は常に兵士として見て、兵士としての人生として見られます。個人の弱さと愚かさは特定の軽蔑で見られます。それらの行為のうちのいくつかはグラディウムになるチャールで見ることがあります。最悪の場合はそのチャールの名前が種族の歴史から抹消されます。チャールは生活のために終身まで連れ添います。ほとんどの関係はそれよりもよりカジュアルです。家族は認められますが大人のチャールは両親や子供たちと接触をほとんど持ちません。時には家族の評判の反映のために互いを監視することもあります。チャールの子は1歳になるとすぐに引き離されて両親のレギオンの1つのファーラーに入ります。ファーラーはチャールの子が最初に入るウォーバンドです。大人のチャールの監督の下で部隊として訓練されてウォーバンドが監督を必要としなくなるまで大人と見なされません。[3] チャールの子は独自の社会構造を統一する定義を教えられます。ウォーバンドは彼らの姓に組み込むルート名を共有しています。家系が知られていて認められている間、両親はチャールの子を育てることとはほとんど無関係です。ウォーバンドはチャールの家族として見られます。それらの間で形成された忠誠心と親族の結合は他の種族の家族よりも強くなっています。これらの強い絆はウォーバンドを変えたり失うとチャールに深い衝撃を残します。ウォーバンドを変える時は彼らの名前も変更する必要があります。生き残るために迅速に行う必要があります。しかし、チャールは再びそれらの契約を失うことよりもグラディウムになることが知られています。

フレイムレギオンによる女性のチャールの弾圧が終わったとき男性および女性のチャールは同等に扱われました。特別にあつらえた衣類あるいはデザインされた衣類を着用していても男性および女性のチャールは区別されません。[4]

チャールは非常に勤勉です。鍛造品はドワーフのものより優れています。彼らの軍事技術 – 武器の開発、兵器や大量生産、飛行船潜水艦 – は有名で恐れられています。彼らのライフルやピストルは特に細かく作られています。しかしながら、それらの進歩のすべてが武器を含んでいるとは限りません。彼らはティリアで有数の時計仕掛けやバネで駆動する装置の一部を作っています。技術の発展は最終的に新クリタの言語を伝播する印刷機につながりました。チャールは技術を受け入れることを厭いませんが多数が弱さの表れとする魔法のを見て魔法の力を持つ者に不信感を抱いています。

彼らの土地の多くは家畜を育てるための牧場や飼料のための農場に変わりました。牛、羊、イボイノシシドルヤク、ディバウラーは彼らの食料の源です。ミートーバーフェストとも言われるミートフェスティバルは一種の文化的な祝賀として開催されます。

宗教編集

彼らの歴史のために多くのチャールは宗教を避けています。彼らはあらゆる神の権威も受け入れません。神のようなヒューマンによる操作はチャールの崇拝に怒りを与えます。チャールは力の生き物として他の種族の神々を認めますが崇拝にふさわしいものとはみなしません。ヒューマンの神々はチャールを殺すために努力して戦ったヒューマンとして見ています。

政治編集

チャールの社会はあらゆるチャールが尊重するように育てられる軍の指揮系統を中心に構築されています。指揮系統の真の代表は第一のインペラートルであると考えられているカーンウルです。彼は4つのハイレギオンのインペラートルの上にランク付けられていてチャールの軍隊を全て指揮しています。リーダーシップのアーティファクトであるカーンウルの爪を保持しているチャールは現在いないのでカーンウルはいません。

チャールの国家は4つのハイレギオンの周りに建てられた寡頭制によって現在導かれています。それぞれのレギオンはレギオンの名にちなんで名付けられたインペラートルが率いるプライマスウォーバンドを持っています。これらはオリジナルのカーンウルによって先導されています。もしインペラートルが爪を取得して偉大な行為を実行できる場合、そのチャールは次のカーンウルになります。

4つのレギオンは自分の土地や都市国家の拠点を維持して全てが他から激しく独立しています。主要なレギオンのうちの3つ – アッシュブラッドアイアン – は連合軍であり、彼らの土地を維持してチャールによって既に保有するもの以外の土地を征服するために力を合わせます。4つめのフレイムレギオンは追放者で他のレギオンと内戦状態にあります。レギオンは他の3つを支配することはできませんがアイアンレギオンはアスカロンの土地の中で主導的な役割を取っていると記載されています。

緊急事態のときにハイレギオンはあらゆる緊急事態の解決策を計画するためにそのエリアの最高位のメンバーを集めて敵を撃退したり避難者の動きを管理するクオラムの防衛を保持することが知られています。

階級編集

チャールの軍隊には多くの階級があります。それぞれのレギオンの インペラートルの下にトリビューンがいます。10人を超えるトリビューンを持つレギオンはほとんど存在しません。彼らは戦争を監督したり大規模な帯状の領土を統括しています。センチュリオンは多くのウォーバンドに命令を出してトリビューンの権限の下で大規模な演習をコーディネートしています。レギオネラは自分のウォーバンドをリードして勝利にそれらを導きます。彼らの指揮の下にそれぞれのレギオンの兵士がいます。

ハイレギオンで最も低い階級はウォーバンドを持っていないグラディウムです。以前持っていた階級や称号に関係なく彼らに尊敬や責任はほとんど与えられません。ウォーバンドから勤務を割り当てられて離れているチャールはグラディウムとして見られません。

他の階級と直接指揮系統に貢献しない称号がハイレギオンにあります

主要な指揮系統の階級
専門的な階級

命名編集

チャールの最初の名前は多くの場合 Pyre, Ember, Forge のような自分たちの文化に基づいた名前を持っています。男性は Rytlock, Gron, Dinky のような名前で使用される D, R, T, G, K などの子音でシャープな音を使ったものがあります。女性は Bathea, Kalla, Elexus のような名前で使用される C, L, S, Z などのスムーズな音を使ったものがあります。男女両方とも多くの場合鋭い子音で始まります。これは単に一般的であって例外も存在します。いくつかのチャールはローマやギリシャ語の名前を使用しています。

チャールの姓は個々のウォーバンドを意味する単語から成っています。例えば Rytlock Brimstone はストーンウォーバンドで Scylla Rustcloud はラストウォーバンドです。一般的にいくつかの制限が適用される場合がありますが最初に入ったウォーバンドの理念や歴史、個性の表現から姓のバリエーションを選んでいます。

同じウォーバンドのメンバーが他のメンバーとは異なる順序で姓を付けることが稀にあります。いくつかの例は Lightbringer Swordshatter と Legionnaire Bloodsword はソードウォーバンドで Vitus Silverpick はピックウォーバンドを含んでいます。

歴史編集

カーンウルとシャーマンキャステ 編集

Edge of the Mists loading screen.png

ヒューマンが到達して内部紛争に終止符を打つ前の最初のカーンウルの支配下にあったときにチャールが最初のウォーバンドを作りました。いくつかの内部対立が残りましたがカーンウルの統一によってアスカロンと呼ばれる地域の南方へ自国の領土を拡大していきました。しかしヒューマンという1つの敵が終わりをもたらせて別のものが始まりました。人間性と六大神から受けた支援のためにチャールは彼らの土地の南の一部を放棄することを余儀なくされました。この争いでチャールは完全な結束を引き起こしました。しかしカーンウルは暗殺されました。明確な後継者を残さずにカーンウルの4人の子供たちは種族を4つのレギオンに分けました。複数のチャールがカーンウルの称号を手にしましたがチャールの種族を統一できたリーダーは一人もいませんでした。カーンウルの称号を主張しようとしたすべてのチャールは主張を行った後の戦いで死亡しました。

最終的にチャールはヒューマンが有能だったのは彼らの神々によるものであることを感じるようになりました。チャールは自暴自棄になって彼ら自身の神を呼ぼうとしました。フレイムレギオンのプルントウォーバンドがフラングマー火山へ旅立ったときにそれらを見つけました。チャールが神と呼ぶタイタンが火の柱の中から現れました。彼らが戻った後にフレイムレギオンのシャーマンはタイタンを崇拝し始めました。他のハイレギオンのシャーマンもその後に続きました。最終的にバーセア・ハヴォックブリンガーを除いたすべてのチャールはフレイムレギオンの旗の下に統一することで合意しました。彼女はタイタンに反対を唱えて新たな神々の生贄になりました。彼女の行動は戦場からの女性のチャール除去に結びついて家事を行うことを強いられました。

Legacy of the Foefire loading screen.jpg

チャールは再び団結して 1070 AE にヒューマンとの戦いを再開しました。これはチャールの侵攻としてヒューマンに知られている戦争です。彼らは Titan によって与えられた破壊的な新しい力で警告なしで襲いました。大変動の大釜を使用して彼らはグレート・ノーザン・ウォールを破壊して炎の戦争を甦らせて3つのヒューマンの王国のアスカロン、クリタオルに侵攻しました。

新たな戦争編集

1072 AE にタイタンはティリアに侵入してフレイムシーカーの予言の間にチャールの前で殺害されました。これによってフレイムレギオンと Pyre Fierceshot 率いるシャーマンキャステに対する反乱が始まりました。シャーマンキャステはデストロイヤーの形をしている新しい神を求めました。革命はフレイムレギオンの神以外は崇拝しない願望を引き起こしました。

反乱は北からアスカロンの南まで続いて戦争は激化しました。保護のためのグレート・ノーザン・ウォールがなければアスカロンはアスカロンシティを除いて20年以内に征服されていました。

1090 AE にフレイムレギオンのインペラートルはこれを最後に戦争を終結させるために数日間アスカロンシティを包囲しました。アスカロンの人々の力が弱まったときに包囲は終わりました。アデルバーン王マグダエアの力を行使してフォーファイアを出しました。この出来事を通してアスカロンの残りの全てのヒューマンが死んで霊は地に結合しました。しかしエボンホークは耐えていたので戦争は継続し続けました。その後、平和条約が形成されて戦争は 1324 AE に終了しました。

フレイムレギオンの神々が崩壊してから40年ほど経ったあとにシャーマンに対しての真の暴動が始まりました。他のレギオンとの行き詰まった紛争でもシャーマンキャステは自分の立場を固守することができました。この紛争はシャーマンキャステとの戦いために秘密裏に訓練していた Pyre Fierceshot の Kalla Scorchrazor にまでもたらしました。これらの新しい力によってシャーマンキャステは存続の見込みを失いました。彼らは絶滅を避けるために Plains of Golghein で降伏しました。

シャーマンキャステの敗北の後にフレイムレギオンはゴールドレギオンに名前を変えられました。カーラのおかげで女性のチャールは戦場での居場所を取り戻しました。最終的にチャールは団結してシヴァピークの東の土地のほとんどを征服しました。アスカロンシティ以外のすべてをブレイズリッジ山脈のエボンホークに建設されました。それらの支配で彼らは攻城兵器や銃器そしてエルダードラゴンに対する来たる戦いにおいて不可欠になる技術を得ました。

チャールは未だに偽りの神を崇拝することをさせられた時に怒ります。他のレギオンはフレイムレギオンを敵視し続けています。

ギャラリー編集

Rytlock 01 concept art.jpg
Flame Lord concept art.jpg
Charr Armor concept art.jpg
Charr Knight concept art.jpg
Charr Cannoneer concept art.jpg
Charr 08 concept art.jpg
Charr 09 concept art.jpg
Charr 17 concept art.jpg
Charr Female Warrior concept art.jpg
 
Charr bandits concept art.jpg
 

参照編集

Gwwlogo.png Guild Wars WikiCharr に関する記事があります

脚注編集

  1. [GW2]We're all waiting very, very patiently for class reveals. *twitch*, Penny Arcade forum post
  2. The Artistic Origin of the Charr, Martin Kerstein, forum post
  3. 3.0 3.1 Ashenfold Cartel Interview with Jeff Grubb and Eric Flannum!, The Ashenfold Cartel
  4. ArenaNet: The Artistic Origin of the Charr, Regina Bueunaobra, forum post

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki