FANDOM


Norn 01 concept art (white)

優勝したハンターの種族は、アイスドラゴンが彼らを氷の故郷から追い払ったとき、大きな敗北を経験しました。それにもかかわらず、彼らは人生と狩猟に対する彼らの熱意を弱める一方で、敗北した戦いを罰することはありません。彼らは、最終的な勝利者だけが伝説の報酬を達成することを知っています。

— ゲーム内の説明

Norn (ノルン) は現在、シヴァピーク山脈の中央に生息する9フィートの高さの種族で、一部は放棄されたドワーフの建造物の中または近くに住んでいます。個性的なノルンは猟犬のために生きているので、追跡、ステルス、殺害のスキルは、戦闘状況において貴重な味方になります。最大のノルンの集まりは、強力な敵と戦うために団結した狩猟パーティーの外にある取引所で見つけることができます。

ノルンはギルドウォーズ2の5つのプレイ可能な種族のうちの1つです

キャラクター作成 編集

ノルンのキャラクターを選択するとプレイヤーは偉大な狩りに参加して戦利品を集めるチュートリアル The Great Hunt が始まります

キャラクター作成時にプレイヤーはノルンの物理的な外観をカスタマイズして自分のパーソナルストーリーに影響を与える3つの種族特有のバイオグラフィーの質問に答えることができます:

  • 偉大な英雄の最も重要な素質は何か?
  • ホエルブラクで開催された最近の祝賀で何をしたか?
  • 4つの主要な野生の精霊のどれが守護をしたか?

ノルンのホームインスタンスThe Great LodgeHunter's Hearth にあります

ノルンの種族スキルは精霊に関連しています。トーテムの選択はキャラクターが利用できるスキルや能力を制限するものではありません。

生理学 編集

2009 December norn 01

ノルンは通常、大きなヒューマンの外観を持っていますが野生の精霊のうちの1つの生き物に変わることができます。彼らの身長は9フィート程度で、背が高いだけではなく割合もより広くて典型的なヒューマンよりも筋肉質です。Thruln the Lost によるとノルンはヨツンのような巨人であると記述しています。さらにノルンは長寿です。ノルンは120まで生きて長い間健康と活力を維持しているので老衰で死ぬことはほとんどありません。[1] ライオンアーチに住んでいる人々は肌が日焼けしていますがノルンは一般的に青白い肌をしています。Kranxx によるとノルンはわずかな活動でかなりの量の熱を発生させることができるようです。

野生の精霊のうちの1つの生き物に変わるとき彼らは半分動物と半分ノルンの姿になります。毛皮に覆われて牙や爪が生えて変身する動物に依存する属性を与えます。

この変身は2つの外観をぼかしていると記述されています。着用している衣類や鎧は毛皮に覆われます。毒や傷が変身によってどのように変化するかは不明です。

ギルドウォーズでノルンは人間と交配することができるとほのめかされていますが、5つの主要な種族が異種交配をすることはできないのでハイブリッドはありません。[2]

文化編集

GDC 2010 children

ノルンの子供のコンセプトアート

ノルンの文化は個人的な成功と栄光を中心とした個人主義です。狩猟や戦闘で顕著に現れます。彼らは大胆で強いものが不死を達成できると信じているので死を恐れていません。しかし、彼らは衰退して忘れられるのではないかと心配しています。その結果、それぞれのノルンは個々の勇気と偉大な勝利の偉業を通じて伝説を構築するために自分自身を証明しようとしています。すべてのノルンは彼らの伝説が Skaald によって伝えられて Moot の物語や歌で祝われることを期待しています。ノルンは個人の名誉の卓越した感覚を持っています。多くのノルンのために威信に焦点を当てることは自分の価値を証明するすべての挑戦を受け入れるために喜んでいることを意味します。強い敵や困難な課題に取り組むのに数年費やすとしても採石場や友人を諦めることはありません。他のノルンのための威信の追求は道理に耳を傾けるために自慢やいじめ、賢明でない決断に変換されます。

ノルンは心のこもった、誇り高い人々です。短気な所がありますがすぐ許します。彼らは故郷から追い出されているにもかかわらず前向きな展望を保った楽観主義者の種族です。挫折は克服するべきであるという単なる別の課題としてみています。ノルンはよく口論しますが戦いで破ることができる人々を尊敬します。過剰にアルコールを飲むこともノルンの文化の大きな部分です。酔って戦うことは珍しいことではありません。

現代ではグレートハントと呼ばれる毎年恒例の壮大な​​議論があります。グレートハントは殺そうとするために通常あるものと同様に戦士と狩猟のための危険な動物を特色とします。グレートハントに参加するためにノルンは最近の狩りから手に入れた戦利品を示して価値があることを証明しなければなりません。ノルンはエールむーとと呼ばれている専門的な民会を持っています。この専門的な民会はどれくらいの人が飲むことができて、障害物コースのようなものを完了できるかのテストを専門としています。

ノルンは誇らしげに多くの世代を通じて立派な先祖を辿る傾向にあります。オラフの7番目の息子は Olaf Olafsson のように家族を通して共通名を渡します。しかし、偉大な祖先や家族との繋がりはノルンへの動敬意を付与するものではありません。血統あるいは関連するグループによってではなく、彼らがやっていることの行為によって判断されます。その結果、ノルンは他の種族が敵意持つかもしれないスヴァニールの息子のような他の種族に対しても寛容です。ノルンには不名誉のようなものはありません。例えば、ヒューマンの基準で「ずるい」と考えられるかもしれない行為までノルンは「ふさわしい」行為を実行したノルンに等しいとみています。

ノルンは平等な地位のものである場合にだけ結婚します。結婚式の間に誰かがお互いのために価値が一致していることを示すためにカップルを代表して話さなければなりません。

極寒の土地に住んでいるにもかかわらずノルンは軽装です。ケルト族様式のモチーフの入れ墨が露出しています。

宗教 編集

Hoelbrak eastern entrance

4つの主要な Spirits of the Wild の彫刻

ノルンは野生の精霊のトーテムの動物を崇拝するシャーマニズムの宗教を持っています。それぞれの精霊はシヴァピークで最も強く、勇敢で、賢明、または最も狡猾な動物です。偉大な精霊はすべての精霊の中で最も強いと見られているクマで熊になる能力をノルンを与えたと言われています。ユキヒョウカラスオオカミの崇拝は過去にノルンに与えた援助のために普及しています。ウシワシワームなどの精霊もいますが広く崇敬されていません。

それぞれの精霊にはシャーマンの数に制限があります。シャーマンは精霊の神聖な地域に専念します。そして、その精霊の教えに努めて身を捧げます。4つの最も重要な精霊はホエルブラクに建てられた巨大な精霊のロッジを持っています。これらは最も強力なシャーマンのホエルブラクの語り手によって管理されています。それぞれの精霊の動物はミストを通して精霊との繋がりを持つ1人の Havroun シャーマンを持っています。

自分たちの生活の他の側面と同様にノルンは彼らの宗教に対する個人的なアプローチを取っています。家族や大きいロッジまたは分離された農家などのノルンのグループは特別な属性を呼び出して他のものよりも特定の動物の精霊を崇敬する傾向があります。これは一部の地域で特定の精霊が有名なことを意味します。いくつかの精霊の支持者の間にいくつかの緊張があります。例えばクマの支持者はカラスのアプローチは弱く不名誉なものとして見ています。

ノルンは戦いの中で変身するときにトーテムの獣から強さを得ます。彼らはより大きな存在として精霊を崇拝しないでノルンに強さをもたらすために崇拝しています。

彼らは六大神を崇拝することはありませんが彼らの力を認めています。しかし、彼らはヒューマンが与える名前については言及しません。代わりに彼らは行動の精神としてみています。例えばバルタザールは戦争であり、コミールは知識であると考えています。[3]

政治編集

ノルンは中央政府や国家を持っていません。ほとんどのノルンは追随者であることに抵抗して誰の前にもひざまずくことはありません。リーダーシップに最も近いものが広く認識された英雄的行為によって他のノルンから敬意を持たれます。強さと戦いの腕前を持つノルンは家屋敷を設立するかもしれませんがその中に住む人々の支配者とはみなされません。

Knut Whitebear はホエルブラクの安全を維持しているホエルブラクのロッジのマスターです。彼の息子はホエルブラクにおける平和維持の役割を提供しているウルフボーンをリードしています。

命名 編集

多くのノルンは Captain Romke と彼の乗組員のようないくつかのオランダ語フリジア語の名前を持っていますが北ヨーロッパヴァイキングスタイルのファーストネームのシステムに従っています。

彼らの姓はスタイルによって変えることができます。伝説や偉業のないノルンは両親のいずれかの姓を持ちます。例えば、両親のいずれかのファーストネームの後に -sson または -dottir が付きます。これは最も一般的に子供に見られます。両親を好きではない場合でも彼らは両親でより有名なものにちなんで名付けられます。姓は世代から世代へと受け継がれることはありません。自身の個人的な伝説に合うようにそれらを変えること (例えば、有名なウルフボーンのメンバーは Wolfsdottir の姓を取るなど) ができます。夫婦は必ずしも姓を共有することはありません。彼らの伝説に見合うものがある場合は一部のノルンは姓の代わりに称号を使うことがあります。

歴史編集

2009 December norn 03

ギルドウォーズ拡張版:新たなる予言でノルンに遭遇する前の歴史についてはほとんど知られていません。

ノルンの種族の起源は知られていませんが理論はあります。ノルンは熊であることを諦めてより劣った創造物になり大嵐が起こったときに種族から引き離されたコーダンのハンターのグループの子孫かもしれないとコーダンは思っています。これは変身する能力がクマの精霊によって彼らに与えられたノルンの信念と矛盾しています。どれが本当でどれが間違っているのかはわかりません。ヨツンの語り手 Thruln the Lost は巨人の時代のときにヨツンとノルンはシヴァピーク山脈を支配していたと主張しています。しかし、両方の種族は覇権の座から滑り落ちました。ヨツンは原始的な性質に陥ってノルンは彼らの文化を安定させるのを助けた野生の精霊の方に傾きました。

ノルンは常に狩猟と個々の目標の追求に焦点を当てた遊牧民でした。ギルドウォーズのグレートデストロイヤーの没落を支援した数年後に種族として連合しました。しかし、遊牧の個人主義的なライフスタイルに戻るのには長くかかりませんでした。チャールのウォーバンドの侵入に対して極北シヴァーピークで自分の土地を保持するのを止めませんでした。彼らの防衛は200年に渡って続いている互いのための相互尊重から現れた協力平和のようなものによってチャールから尊敬を得ました。

1078 AE 初期、休止状態のエルダードラゴンジョーマグの影響力はすでにノルンの中で感じられていました。スヴァニールが初めてジョーマグの呼びかけを聞いたとき死ぬまで氷の熊の形に変えられました。長年にわたって多くの者がジョーマグの呼びかけに続きました。そしてスヴァニールの足跡はスヴァニールの息子を形成しました。彼らは究極のトーテムスピリットとしてジョーマグを崇拝しました。

1165 AE にジョーマグはシヴァピークで目覚めました。そして、彼に貢献させるためにに氷と雪の創造物を作りました。個人としてジョーマグに取り組むことはノルンが彼らの家を占拠するのを許しませんでした。ドワーフによって放棄された山に旅することを強いられました。そこに彼らは新しい家を建てて、新しい猟場を見つけて、新たな敵を作りました。ドワーフ遺跡の中で彼らはドレッジに出会って今日までシヴァピークの一部の支配に対する優位を得るために戦っています。

ギャラリー 編集

スクリーンショット編集

2011 February Norn with Rifle.jpg
2011 March norn thief.png
Norn Female.jpg

コンセプトアート編集

Eir 01 concept art.jpg
Eir 05 concept art.jpeg
Eir 06 concept art.jpeg
Norn Battle concept art.jpg
Norn fighter concept art.jpg
Norn svanir male concept art.jpg
Norn svanir female concept art.jpg
Norn raven.jpg
Norn warriors concept art.jpg
Norn heavy armor concept art.jpg
NornIntroShared-DragonFlyingOver-Final.jpg

参照編集

Gwwlogo Guild Wars WikiNorn の記事があります。

脚注編集

  1. Ramblings from the Meet & Greet, CVV Gamer Blog
  2. PAX Day 2 - From a Roleplayers Eyes
  3. Lore interview with Jeff Grubb, GuildMag

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki