FANDOM


Disambig icon この記事はプレイ可能な種族についてです。マウントのレースについては Mount race を参照してください。ギルドミッションについては Guild Race を参照してください
Destiny's Edge 03 concept art

プレイ可能な種族は、キャラクター作成の間に選ぶことができるティリアの種族です。キャラクターの種族は、審美的にもゲームプレイにも、様々な機能に影響します。

プレイヤーはギルドウォーズ2で5種類の種族から選択できます:アスラチャールヒューマンノルンシルヴァリ

イントロダクション編集

Asura tango icon 20px アスラ
彼ら錬金術の発明者達は、体は小さいが、知識の巨人でもある。力のみのアスラは死に、賢きアスラは生き残った。他の種族は、アスラ達が持つ素晴らしい技術力で統治すべきだと考えてるが、彼らは自分自身を欺いている。いずれ、全ての種族がアスラに仕える時がくるだろう
Charr tango icon 20px チャール
チャールの種族は、残酷な戦争のるつぼで生まれた。全てのチャールがそれを知っている。戦争が彼らを定め、支配という欲求が彼らを更に駆り立てる。チャールの国では弱者と愚者に居場所など無い。勝利が全てだ、如何なる手段、例えそれが多くの犠牲を出すとしても成し遂げなければならない
Human tango icon 20px ヒューマン
人間は国、力、かつての栄光を失った。彼らの神々さえも彼らを見捨て、人間達の心には未だに不安が残っている。しかし、勇敢なクリタの兵士たちは団結し、全ての力を一つにして戦い続けている
Norn tango icon 20px ノルン
彼ら図体の大きいハンターの種族は、氷の故郷がアイスドラゴンによって襲われた時、大きな敗北を経験した。しかし、どんなに追いつめられていても、彼らの狩人魂は揺らがないだろう。彼らは、真のハンターだけが伝説の報酬を手にすることを知っているのだ
Sylvari tango icon 20px シルヴァリ
シルヴァリには生まれるという概念は無い。彼らは、前世の夢の知識と共にペイル・ツリーの下で目を覚ます。この華やかな者達は、何をすべきかを探求するために冒険をする。彼らは好奇心で義務をこなし、熱心に騎士道に励み、そして名誉をもって戦う、これらの取り組みによって均衡を保っている。この種族の未来は、魔法と不思議な謎の絡み合いによって、形作られるだろう

キャラクターとゲームへの影響編集

外観編集

各種族は、キャラクターの作成中に調整するためのユニークな物理的な特徴を持ち、文化的な鎧のスキンへの排他的なアクセスを与えられます。種族はまた、デフォルトのカメラの高さ、および装備された武器のサイズの視覚的スケーリングにも影響します。

パーソナルストーリー編集

プレイヤーの種族は、伝記の質問、チュートリアルのミッション開始エリア、早期から中期のパーソナルストーリーを決定します。種族は特定のNPCがどのようにキャラクターに反応するかにも影響します。

ホーム・インスタンス編集

各種族には、都市の中に独自の首都と個人のホーム・インスタンスがあります。このインスタンスは、初期の個人物語ミッションのハブとして使用されて、キャラクターがストーリーを進んでいくにつれて、関連するNPCと一緒に装備されます。収穫ノードを使用してアップグレードすることもできます。

種族スキル編集

各種族には、6つの種族のテーマのスキルが用意されています。利用できるスキルのタイプは種族によって異なりますが、ヒーリングユーティリティエリートスキルが含まれます。種族スキルは、通常、類似のジョブのスキルよりも強力ではなく、構造化されたPvPには装備できません。

トリビア編集

  • もともと、アリーナネットは、プレイヤーが選んだ種族が、キャラクターのプレイ方法に「かなり大きな」影響を及ぼすことを望んでいたと語っていました。
  • 元のギルドウォーズでは人間だけがプレイ可能な種族でした。ペイル・ツリーは苗木のように見えますが、元のゲームには登場しない唯一のプレイ可能な種族です。
  • テングは当初はプレイ可能な種族とみなされていました。彼らの故郷の都市は風の領地でした。[1]

脚注 編集

  1. The Making of Guild Wars 2.

参照編集

Gwwlogo ギルドウォーズのウィキ には Race に関する記事があります。