FANDOM


Disambig icon この記事は小説についてです。海については Sea of Sorrows を参照してください。消耗品の借り物競走の報酬については Sea of Sorrows (consumable) を参照してください
Sea of Sorrows cover 01

リー・ソーズビーによって書かれた悲しみの海は、元のゲームシリーズギルドウォーズ2の間の時間を埋めるための3番目の最終小説です。プロットは、ライオン・アーチの洪水など、ザイタンの目覚めとティリアへの影響に焦点を当てています。[1] 主人公がアルアに向かう船に乗っている間、ライオン・アーチの沈没から始まり、主人公が他の種族と会って、ライオン・アーチをすべての種族のために再建するのを助けます。[2] この本には、ライオン・アーチの歴史と創始者のコビア・マリナーを称える12のプラークの場所を見つけるのに役立つ手がかりが含まれています。

あらすじ 編集

失われたオルの王国は海の波の下にあり、文明全体が古代の大災害によって飲み込まれました。何世紀もの間、深みは休止状態にあり、古代の秘密は失われています。今まで。エルダードラゴンのザイタンが甦りました。その結果、沈んだオルの王国は生まれ変わり、もうひとつは破壊されました。ライオン・アーチの街は、何世代もの間、ティリアの文明の礎石であり、波の下で残酷に掃除され、遺跡だけが残ります。

生存者の中には、津波によって混乱し、海で孤立した人間の船員であるコビア・マリナーがいます。彼が獰猛なチャールによって救助されたとき、コビアは彼が永遠に変わった世界に突入したことを知っています。ザイタンの未死獣の召使は海を支配し、港の後に港を破壊し、道にあるものを屠殺します。破滅の真っ只中、コビアはライオン・アーチの再建を誓います。ドラゴンの嵐の中で、コビアは乗組員の英雄と海賊艦隊の司令官になり、過去の幽霊に直面します。その後、彼は悲しみの海を習得し、オルの武装勢力を押しつぶすでしょう。

リリース 編集

この本は2013年6月25日に北米とヨーロッパでゲーム内の借り物競走と共にリリースされました。

トリビア 編集

  • 2011年のゲームズコムの時点で、それは最初の草案であり、レビューされていました。[3] リー・ソーズビーは、ギルドウォーズ・インサイダーとのインタビューで、最初のドラフトが10月の終わりに終了し、1月の時点でレビューと編集が行われたと報告しました。[2] 2013年6月20日にティリアの空の海賊のページでリリース日が公開されました。

参照 編集

  • 小説のキャラクター — すべての小説に登場するキャラクターの完全なリスト。ネタばれが含まれている可能性があります。

脚注 編集

  1. Bringing the World of Tyria to Life - GW2 Q&A with Ree Soesbee (Gamescom 2011), YouTube
  2. 2.0 2.1 Guild Wars Insider Interview with Ree Soesbee, Guild Wars Insider
  3. Podcast interview with Jeff Grubb, Guild Wars Insider