FANDOM


Sylvari 01 concept art (white)

シルヴァリは生まれません。彼らは、プレ・ライフ・ドリームで収集された知識を持ってペール・ツリーの下で目を覚まします。これらの高貴な存在は、冒険を追求して、クエストを追求します。彼らは好奇心と義務、騎士道との熱心、そして名誉をもって戦うというバランスをとるために奮闘します。最近登場したこの種族の未来を形作る魔法と謎が絡み合っています。

— ゲーム内の説明

Sylvari (シルヴァリ) は植物のようなヒューマノイドで詮索好きな種族です。最初のシルヴァリは 1302 AE木漏れ日の入り江ペールツリーから発芽しました。木はティリアを巻き込んだ暴力から逃れたローナンによって植えられてヴェンタリによって育てられました。

シルヴァリはギルドウォーズ2のプレイ可能な種族の一つです

キャラクター作成編集

シルヴァリのキャラクターを選択するとプレイヤーは覚醒する前の Dream of Dreams で腐敗と戦うチュートリアル Fighting the Nightmare が始まります

キャラクター作成時にプレイヤーはシルヴァリの物理的な外観をカスタマイズして自分のパーソナルストーリーに影響を与える3つの種族特有のバイオグラフィーの質問に答えることができます:

  • どの探究を夢見たか?
  • ヴェンタリの教えの中で最も重要なものは何か?
  • どのような一日の時間のサイクルで生まれたか?

シルヴァリのホームインスタンスThe GroveDreamer's Terrace にあります

シルヴァリの種族スキルは植物操作のテーマでサポートに焦点を当てています

生理学編集

Sylvari figged render

シルヴァリの詳細な分析

シルヴァリは雑食性で人間の特徴を持った植物です。いくつかのシルヴァリは非常にヒューマンに似ていますが釣り上がった目と尖った耳を持っています。骨格は堅木のような植物から成っていて葉や花びらで髪を形成して樹皮は肉の働きをしています。血液の代わりに金色の樹液が静脈を通ります。移動すると花粉が落ちます。彼らは平均的なヒューマンより頭が低くて非常にほっそりしていています。シルヴァリは太陽光を吸収すると元気になりますが生き残るために食べて飲む必要があります。[1] シルヴァリの探究者によるとシルヴァリは幼児のような温度受容器を持っています。また、シルヴァリはホエルブラクは寒すぎるので嫌いてあることも述べられています。

シルヴァリはペールツリーの枝に成長する黄金の果実のさやから形成されて出てきます。性別は発芽したときにペールツリーによって選択されていてヒューマンの性別と同じ一般的な機能によって区別されます。[2] シルヴァリの死亡要因についてはよく知られていません。暴力によって死ぬのか、毒や疾病によって死ぬのか、あるいは老化で死ぬのかは不明です。[3] 怪我を負ったときは巻き髭と樹皮を膨張させて治します。ヒューマンと同じように傷跡が残って一般的な速度で治ります。[3] すべてのシルヴァリは皮膚に発光細胞を持って暗闇で光らせることができます。

発芽する前に彼らは Dream of Dreams と呼んでいるペールツリーを通じて契約を共有します。この夢の中でシルヴァリはペールツリーの意識と知識の広大な蓄積にさらされて成長します。特定の記憶を含んでいませんが基本的な知恵と経験をペールツリーから与えられます。発芽してすぐはペールツリーとの絆が弱いので他の植物にリンクします。まれに双子が現れてくることがあります。彼らはお互いに向かって大きな共感を示します。

文化編集

シルヴァリは正直で額面通りにほとんどのものを信用します。夢は他のシルヴァリと共通して存在することを保証していて経験は独自性の作成のために大事にされています。彼らは熱心に学んで経験して理解します。

シルヴァリの道徳や倫理はペールツリーに基づいています。ペールツリーの初期成長時にローナンとヴェンタリの命に従うことによって形成されました。その後に木のふもとにあるヴェンタリのタブレットに書き込まれます。発芽した後にシルヴァリは何を夢見てきたかを理解して彼らの歴史と世界を明確に理解することを確認するために年配のシルヴァリによって導かれます。

自分の理解を超えるいくつかの問題もあるようです。感情と要領を理解するのが特に難しいようです。他の種族が避けるものを声に出して述べます。死についても完全には理解していませんが何かに包含されると考えています。シルヴァリの生活の中での多くの事と同様に好奇心の程度としか見られていません。これらの見解は他の種族が見つける死の受容と魅力を形成するのに役立ちます。

彼らはすべてペールツリーから生まれているため全てのものが家族であると考えています。多くのシルヴァリは恋人に帰着するかもしれませんが家族の絆は同じ鞘から生まれた双子、あるいは夢を共有したもののような少数の例外を除いて遠い親戚のように他の人を考慮してほとんどの家族のように強力ではありません。ロマンスは関係者の間の性別を無視してシルヴァリの間で行われます。愛は精神的で永遠なものなので物理的な形態や物理的な接触はありません。

シルヴァリは根や葉、革などの有機材料から自分の鎧や武器を作ります。時には葉の多い詰め物、棘や樹皮の形で自分の体から鎧を成長させます。

宗教編集

シルヴァリは神々の存在や仕事の証拠を見ることを望んでいてヒューマンの神々にとらわれない見解を持っています。[4] 最も神聖なアーティファクトや遺言としてヴェンタリタブレットを尊敬します。ペールツリーは神としてよりも賢明な親として尊敬されています。シルヴァリが助言を必要としているときは木の中心に行って語り合います。

政治編集

ペールツリーがシルヴァリを導きます。ペールツリーは他の者と通信して指導や指示を与えるために木の根元の室内にいるスペクトルがあわられます。様々なシルヴァリが他種族で言う大使として機能しています。何をすべきかを判断できるように報告しています。困難な決断においてはペールツリーがファーストボーンを訪問します。ファーストボーンは世界のほとんどの経験を持っていて知恵のために尊重されいます。シルヴァリのリーダーとして機能していてシルヴァリをペールツリーの元へ順番に導きます。彼らのうちの4人はリーダーシップ、組織、教育、およびシルヴァリの人々のための指針を引き受けます。

命名編集

シルヴァリの名前は一般的にアイルランド語ウェールズ語のようなケルト語派の名前に触発されています。シルヴァリは全ての者を同じ家族の一部と考えているので遠い親戚ように特殊なケースを除いて姓を持っていません。

歴史編集

シルヴァリの起源は不明です。知られていることはヒューマンの兵士のローナンが見つけた洞窟の中でペールツリーのこぶし大のサイズの種子から生まれたということだけです。この洞窟の詳細や木の位置は現在のシルヴァリにさえ未知なものですが巨大な植物の生き物によって守られてきたと言われています。ローナンが家に戻ったとき彼の家族はムルサートによって殺されて家は破壊されていました。彼は家族の墓の上の種を植えて二度と戦わないことを誓いました。ローナンはケンタウロスのヴェンタリと友情を結びました。彼らは平和と避難所を求めた人々のために成長した木の近くに避難所を作りました。

ペールツリーが成長するようにケンタウロスとクリタの人々と間の戦争はより残酷なものになりました。ほとんどの者がヴェンタリから去って前哨基地は小さくなりました。1180 AE に他界する前にヴェンタリは後に誰かが読んでくれるかもしれないという望みをかけて木の根元に置かれたタブレットに彼の人生の教訓を刻みました。

数百年後にペールツリーが初めて金色の果物を実らせました。1302 AE に実が開いて最初のシルヴァリが現れました。木の根元に置かれたタブレットと夢の中の夢は道徳とヴェンタリの倫理とローナンの勇気でシルヴァリを導きました。6〜7年後にセカンドボーンがペールツリーから出てきました。セカンドボーンから出てきた最初の者はナイトメアコートの創始者となった Cadeyrn でした。セカンドボーンの後にペールツリーからシルヴァリが次から次へと発芽しました。

1325 AE に別のシルヴァリの木の存在が Brisban Wildlands を流れる川の西端に位置すると Malyck によって確認されました。川に沿って西に行った The Falls または Tangle Root of Magus Falls のどちらかにあるといわれています。その他にシルヴァリの木が存在するのかは不明です。

ギャラリー編集

コンセプトアート編集

Caithe 01 concept art.jpg
 
Sylvari 03 concept art.jpg
 
Sylvari 08 concept art (Sylvari Night).jpg
 
Sylvari 16 concept art.png
 
Armor clothing concepts concept art.jpg
 

レンダリング編集

Whint series render.jpg
 
Audrey series render.jpg
 
Caithe series concept art.jpg
 
Sylvari males render.jpg
 
Parfum side render.jpg
 

参照編集

脚注編集

  1. Sylvari Lore Interview with Ree Soesbee & Kristen Perry, TalkTyria.net
  2. Post by Martin Kerstein, Guild Wars 2 Guru
  3. 3.0 3.1 Ashenfold Cartel Interview with Jeff Grubb and Eric Flannum!, The Ashenfold Cartel
  4. Wiispace Interview With Ree Soesbee, World Designer and Writer For Guild Wars 2, Wiispace

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki