FANDOM


ネタバレ注意: 以下のテキストはリビング・ワールド・シーズン1炎の道の物語に関するネタバレが含まれています。

The Mists

The Mists map (unexplored)
The Mists のマップ

Lord Odran's map of the Mists (texture)

オドラン卿のミストの地図、ダーマンド修道院特別コレクション

ミストは世界の中に存在する原始現実の中で最も古いものであり、多元的なものをつなぐ時間と空間のファブリックを構成しています。ミストの中には (そのうちの1つはティリア) 世界があり、それぞれは自分の現実と歴史を持ち、エーテルの中に島として浮かんでいます。ミストは、周囲の世界から共鳴して、自分たちの現実の一部、すなわち世界の歴史を反映した存在の島々を形成します。[1] いくつかの世界は、死者の家であるアンダーワールドのように巨大です。他のものは、強力な霊や神々のための住居です。ミストの中心にはリフトがあり、リフトにはヒーローズ・ホールがあり、強力で精巧な魂の最後の休息地になっています。

ミストはポータルを介してのみアクセス可能で、そのほとんどは (野生の霊をを訪れているヘブローン) ミストの範囲内で力を向けることによって一時的に作られます。いくつかの常設ポータルもあります。これらのポータルは、古代帝王の墳墓にあるものを含む、オドラン卿によって作成されました。過去に他の知られていたポータルにはコマリーの門苦悩の扉戦いの島が含まれていました。これらの4つのポータルは、エルダードラゴンの登場のために過去250年間にアクセス不能になっています。

1320AEから1325AEの間に、ライオン・アーチマリナー要塞に5つのアスラゲートが建設され、ザイシンのアリーナに取って代わり [2] 中央ティリアのミストに入る唯一の既知の固定手段になりました。スカーレット・ブライアがライオン・アーチを占領している間、ミスト・ポータルヴィジルの砦に一時的に移されましたが、再建の努力が始まるとライオン・アーチに戻されました。

1330AEまでに、古代帝王の墳墓とトルメント・マウスの両方の入口が再び活発になり、フォージドの軍勢がヴァアビの領地への補給をもたらした鋳造所に、ミストの未知の場所への新しい入口が開かれました。ヴァアビでバルタザールが敗北した後、デスミナはティリアとミストの間のベールがすでに弱まっていたアンダーワールド死神の門に新しい入口を開きました。

ミストはプレイヤー対プレイヤーの設定として機能して、ミストに入るすべてのプレイヤーはレベル80にスケールアップされます。

場所編集

探索可能なゾーン
ダンジョン
ワールド対ワールド
アリーナ
その他
  • Asura Arena (このエリアはプレイヤーがアクセスできないので、その機能は現在不明です。)

ミストへの既知のポータル 編集

Crystal Desert
Kryta
Shiverpeak Mountains

トリビア 編集

脚注編集

Gwwlogo Guild Wars Wiki には The Mists に関する記事があります。
  1. ジェフ・グラブのインタビュー ギルドマグ
  2. ヴォンブリッグ・ケンプとの過去の対話
  3. ボビー・スタインのコメント レディット