FANDOM


Disambig icon この記事はゲーム内メカニックとしての特性についてです。利用可能な特性のリストについては List of traits を参照してください。

特性とは、キャラクタースキルを高めて、ダメージアトリビュートにボーナスを与えて、自分の行動を変更するパッシブ能力です。各ジョブには15のマイナーと45のメジャーの特性が5つのスペシャライゼーションに分類されています。選択されたスペシャライゼーションによって決定される、一度に装備可能な特性はごくわずかです。スペシャライゼーションごとに3つのマイナーと3つのメジャーの特性があります。

特性のインターフェイスは、ヒーローパネルのビルドのタブの特性のセクションからアクセスできます。特性は、レベリングやヒーローチャレンジのいずれかによって獲得されたヒーローポイントを費やしてロックを解除するまで割り当てることができません。

定義 編集

Specializations interface

使用されるすべてのスペシャライゼーションスロットがあるエレメンタリストのトレイトインターフェース

基本的に、各ジョブは5つのコアスペシャライゼーション、1つのエリートスペシャライゼーションにアクセスできます。スロットには2種類の特性があります:マイナーとメジャー - 未選択でない3つの既定のマイナーの特性と、1つのティアごとに3つのメジャーの特性。そのうちの1つを選択して使用できます。特性は、3つのティア (アデプト、マスター、グランドマスター) に分類されていて、トレーニングパネルにヒーローポイントを費やすと順番に解除されます。スペシャライゼーションのパネルで適切なスペシャライゼーションをスロットに入れた後に使用できるようになります。
Soothing Mist マイナーの特性は、六角形のアイコンを持っています。
Cleansing Wave (trait) メジャーの特性には四角形のアイコンがあり、各ティアの列に配置されています。

メカニック 編集

スペシャライゼーションの割り当て 編集

一度に3つのスペシャライゼーションを有効にすることができます。スペシャライゼーションが選択されると、最大3つのロックされていない特性が選択できます。

メジャーの特性の装着 編集

各スペシャライゼーションは9つのメジャーの特性にアクセスすることができて、3つのティアに分割されていて、3つのメジャーの特性がティアごとに分かれています。

メジャーの特性を使用するためには、それをオープンなメジャーの特性のスロットで選択しなければなりません。

特性のロック解除 編集

トレーニングタブのコアスペシャライゼーションのセクションで、ヒーローポイントを平準化して費やすことで、特性をのロックを解除することができます。各スペシャライゼーションは、3つのマイナーの特性と9つのメジャーの特性から構成されています。すべての12の特性のロックを完全に解除するには、60のヒーローポイントが必要です。新しいティアはすべて、ヒーローポイントのコストが増加します。最初のマイナーの特性は2で始まり、最後のメジャーの特性は8で終わります。

  • ティア1のマイナーの特性:2 Hero point
  • ティア1のメジャーの特性:3 Hero point
  • ティア2のマイナーの特性:4 Hero point
  • ティア2のメジャーの特性:5 Hero point
  • ティア3のマイナーの特性:6 Hero point
  • ティア3のメジャーの特性:8 Hero point

過去の変更 編集

2015年6月23日
  • このアップデートでは、特性の仕方が大幅に変更され、以下のようにスペシャライゼーションの概念が導入されました:
    • プレイヤーには、特性を使うのに3つのスペシャライゼーションのスロットがありますが、特性のパネルの左側にあるすべての特性を見ることができます。
    • プレーヤーはスペシャライゼーション (以前は「特性ライン」) に変化するポイントを費やす必要はなく、すべてのスペシャライゼーションスロットが完全にロックされていないため、同時に3つのグランドマスターのメジャーの特性を選択することができます。
    • 多くの特性が他のものと融合されていますが、いくつかは完全に選択されているため、ゲームプレイに大きな影響を与えます。これらの変更のために、プレイヤーはすべてのティア (アデプト、マスター、グランドマスター) に対して3つのメジャーの特性を持っています。いくつかのジョブでは、いくつかのマイナーの特性がその効果を増強していたため、特定のスペシャライゼーションを選択することはスコープを定義することになります。
      • すべてのポイントが使用されたと仮定して、ジョブごとに可能な特性配分の数は、364、917、960から196、830に減少しました。
    • スペシャライゼーションは特性ラインのようにアトリビュートに付随しないため、スペシャライゼーションを選択してもヒーローパネルの値 (状態異常の持続時間、特性の効果、シジルまたはルーンによって増加するブーンの持続時間を除く) は変更されません。アトリビュートポイントのこの損失を補うために、エキゾチックまたはそれ以上の機器はそのアトリビュートを増加させました。
      • アトリビュートがスペシャライゼーションから離れるにつれて、ジョブ固有のメカニックスのリチャージの減少 (例えば、アチューンメントのリチャージ率) は、特性に完全なパーセンテージが付けられていました。
    • トレーニングパネルでは、世界中のヒーローチャレンジ (以前の「スキルチャレンジ」) をレベリングまたは完了することによって獲得されたヒーローポイント (以前のスキルポイント) を費やすことで、特性のトレーニングが解除されました。ベンダーから特性ガイドを購入することや、世界のタスクをもう完了することによってそれらのロックを解除することはもはや不可能です。
    • 特性は、スペシャライゼーションのラインがなくなるにつれて、スペシャライゼーションや特性ラインを置き換えるだけでなく、スペシャライゼーションのゲームプレイを大幅に変えるジョの進歩を拡大するための新しいシステムを導入して、全く新しい特性を追加して、 以前に利用できなかった武器へのアクセスをロック解除して、スキルタイプを選択するようになりました。
2014年4月15日
  • このアップデートは、2014年の春のフィーチャーパックの一部として、特性システムにさまざまな変更が加えられました。
    • ティアのロックは自動的に解除されます。以前は、特性のマニュアルを購入することによって各ティアをロック解除する必要がありました。レベル11、40、および60では、より早くロックを解除することもできます。
    • メジャーの特性のシステムのロックが解除されます。以前は、メジャーの特性はすべてデフォルトでロックが解除されていました。既存のキャラクターはロックが解除されていない特性を保持していました。
    • 特性ポイントは5倍に凝縮されました。元のシステムでは、レベル1からレベル11までの合計70ポイントのポイントが発生しました。各ポイントはアトリビュートに+10を与えて、5ポイントは各マイナーの特性/メジャーの特性のスロットを活性化するために必要でした。特性ラインごとに最大30ポイントを使用することができました。
    • 構造化されたPvPの外では無制限の特性ポイントの払い戻しができました。以前は、ジョブのトレーナーや即時の特性リセットを使用してポイントを払い戻すことはできませんでした。
    • 13番目のメジャーの特性が各特性ラインに加えられました。

トリビア 編集

脚注 編集

  1. http://guildwars2.jeuxonline.info/actualite/27250/entretien-exclusif-eric-flannum-lead-designer-arenanet