FANDOM


Underwater mode
Underwater Mode (水中モード) はゲームプレイのモードの1つで、ゲーム内にある水域に潜ることができます。水中モードに入ると プレイヤーは自動的に呼吸装置を装着して、武器セットがプロフェッション固有の水中スキルが付いた水中武器に切り替わります。 水中にいる間、プレイヤーは呼吸や動きの制限なしに戦闘や探索をすることができます。水中モードでは水面から上がると泳ぎから移動に移行します。その移行中の状態では水中スキルも地上スキルも使用出来ません。[1]

水中の環境は階層化されています。上層部は海中生物が棲み比較的安全で、中層部は多くの中庸の生物(黄色)と少しの敵対する生物(赤)が棲んでいます。底に向かうに従ってより危険な生物が棲む様になり、水中でのイベントのほとんどはこの低層部で発生します。[2]

水中用装備編集

各プレーヤーは自動的に水中で使用する呼吸装置が提供されます。プレイヤーはハープーンガンスピアトライデントのような水中武器やその他の水中探索に役立つアイテムを使用出来ます。

水中での戦闘編集

水中での戦闘は、Z軸の使用とその大きな影響を除いて、陸上での戦闘と同じように発生します。さまざまなスキルは敵を沈めたり浮かせたり、垂直方向の領域内の敵にダメージを与えるような範囲効果もあります。[3]

水陸両用または水生動物のペットだけ水中で使用することができます。ミニオンは選択されているユーティリティのスキルとして陸から水へ移行するとき影響は受けません。

ドロウニング

キャラクターのヘルスが無くなるとキャラクターはドロウニングになります。同様に陸地でヘルスが無くなるとキャラクターはダウンします。キャラクターが溺れている間、スロットのスキルは4つの専用スキル (ドロウニングスキル) に置き換わります。敵を倒したり、仲間から蘇生を受けて回復するとプレイヤーはヘルスが25%の状態で復活します。

水中スキル編集

水中モードに入るとプレイヤーのスキルバーは別のものに置き換わります。水面にいる時はスキルスロットは表示されません。水面にいる時は使用できるスキルが全く無いのでプレイヤーは水中に潜るか陸にあがる以外は攻撃の手段を全て失います。水中に潜るとプレイヤーの武器は自動的に水中用の武器に切り替わり、スキルは水中武器専用のスキルに置き換わります。各々の武器は最初の5つのスロットにあるスキルを水中用のスキルに置き変えてヒール、ユーティリティ、およびエリートスロットは水中専用のものに換わります。[4]水中で使用できないスキルはスキルの説明に Not available underwater のアイコンが表示されます。

備考 編集

  • プレイヤーが水から出ると、一時的に水滴のエフェクトに覆われます
  • プレイヤーが深く潜ると靄がかかったエフェクトが現れます [2]

脚注編集

  1. Jonathan Sharp Talks Underwater Combat, ArenaNet Blog
  2. 2.0 2.1 GW2 Interview with Colin Johanson on Dungeons and Underwater Content, Ten Ton Hammer
  3. OnRPG Interview with Jonathan Sharp OnRPG Interview, 5:20
  4. Guild Wars 2: Underwater Combat Demo GameSpot Demo, 8:13

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。